視力低下の理由を探る

メガネ

老眼の症状は、40歳を過ぎたころから誰もが自覚するものです。加齢による視力低下を感じたら、まずは眼科を受診し、老眼の診断が出た上でメガネやコンタクトレンズで矯正します。生活する上で照明に気を配ることも大切なことです。

詳しく見る

字は見えにくくなる現象

目

年齢だけではないことも

老眼と言われる症状は、近くにあるものが見えにくくなることで、新聞や雑誌などの文字が読みづらくなる場合が考えられます。この老眼は誰もがかかるのもので、自分だけは老眼にならないと考えている人は、間違いを犯しています。老眼は人の生理現象の一つであることから、万人がかかるものとなっています。違いがあるとすれば、多くは近眼同様の強度ではないでしょうか。人の目には水晶体があり、この水晶体がカメラのレンズ同様にピント合わせの役目を担っています。この水晶体が加齢と共に働きが悪くなり、硬くなることでピントをうまく合わせることが出来なくなります。この症状が出て来ると老眼と言われることになり、老眼鏡のお世話になる訳です。老眼での症状が一番解りやすいものが、新聞や雑誌の文字が見にくくなることです。ピントが合わないことで、字がほけでしまうハッキリと読み取ることが出来なくなり、目を遠ざけて見てしまうのです。また水晶体の働きが悪くなることで、目が疲れやすくなると言う症状も出て来ます。そのため老眼になったと思われる時は、早めの休憩を取るようにして、目をとにかく休めることに心がけるべきです。更には、朝見えた文字が夕方には見えなくなると言ったことも起きて来ますが、これも疲労が増すことで水晶体の働きが悪くなることから起こるものと考えられます。老眼の症状が感じられるようになった時には、パソコンなどの作業時間を減らす、暗い所での作業はしないと言った工夫も大事なことになります。

見にくい時には眼科へ

女性

手元が見えにくい症状は典型的な老眼の症状になります。しかし、手元が見えにくいから老眼と自己判断をするべきではありません。失明につながる病気の中にも手元の視力が低下する症状が現れる物もあるので、必ず眼科で検査を受けておく必要があります。

詳しく見る

眼鏡やコンタクトで調節

中年女性

老眼は水晶体のピント調節機能が低下すると、近くの文字やものが見えにくくなったり、少し話すと読みやすくなったりするなどの症状が見られます。放置をすると少しずつ進行してしまうので、早めに眼科のクリニックを受診して検査を受けて下さい。

詳しく見る

目を酷使しないようにする

メガネ

老眼にならないようにするためには、その症状にいち早く気づけるかどうかです。どんな症状が出るものなのか調べてみましょう。インターネット検索をすればある程度のことが分かります。また、日頃から目を休める習慣をつけましょう。

詳しく見る

小さな文字に苦労するなら

視力検査

老眼を疑うのなら、ほかの病気と切り離すためや適切なメガネを作るために眼科に訪れましょう。ただの老眼なのが分かったのなら、症状の緩和に役立つ成分が含まれたベリー系のサプリメントの購入も考えたほうがよいです。

詳しく見る