見にくい時には眼科へ

女性

手元が見にくい時は検査を

本や新聞を読んでいる時に字が霞んだり、見えにくいと思った時は我慢しないで視力検査を受けるようにしてください。典型的な老眼の症状になります。老眼となると、40代後半の人特有の症状と思われがちです。しかし、スマートフォンの普及に伴いスマホ老眼と言う症状が若年層を中心に流行を見せています。また、手元が見えにくい症状は失明につながる病気の前触れであるケースも存在します。そこで、手元の見えにくさを自覚した時には必ず眼科で視力検査だけでなく眼の健康診断を受けましょう。検査を受けた後で加齢に伴う老眼と確定したら、老眼鏡を作り、見えにくさを矯正し、字や手元の作業を快適にできるようにしておきます。周囲が見えにくい状態をそのままにしておくと生活の質が低下していきます。また、家の中で転倒して深刻な怪我をして最終的には寝たきりや認知症につながってしまいます。眼の健康を維持することは高齢者の健康維持の基本になります。若年層のスマホ老眼は眼科に行き、適切な治療を受ければ改善することができます。なぜなら、加齢に伴う老眼は生理現象なので手術やコンタクトレンズやメガネを使うしか見え方を改善することができません。しかし、若年層のスマホ老眼の場合は眼の筋肉が一時的に動かなくなった状態なので、適切な治療や眼の運動を繰り返せば改善につなげることができます。ただ、若年層のスマホ老眼についても自己判断をせずに眼科で診断を受けておきます。老眼と思われる症状も実は眼の病気である可能性はゼロにはなりません。