視力低下の理由を探る

メガネ

眼科を受診しましょう

老眼は、加齢により目の調整力が低下することで、約50cmより近くのものが見づらくなる状態です。40歳を過ぎたあたりから、誰もが徐々に始まるといわれています。症状としては、ピントが合わせにくい、細かな文字が読みにくい等の他、うす暗いとものが見えづらいということもあります。これらの症状は、加齢により目の水晶体が硬くなり、光を屈折できずにピント合わせができなくなるという老眼特有のものです。昔からよくいわれることに「近視の場合は老眼になりにくい」ということがあります。これは、遠視の人は老眼の症状を早くから自覚しやすく、近視の場合は比較的老眼の自覚が遅いというだけのことで、老眼のなりやすさは全く変わりません。老眼は誰もがなるものですが、だからといって放置しておくと、眼精疲労が悪化して、その影響が全身にまで及ぶことがあります。たとえば、頭痛や肩こり、食欲の低下など様々な症状があらわれるので、注意が必要です。そうなる前に、視力低下を感じたら、まず眼科専門医を受診することが大切です。万が一、視力低下の原因が目の病気から来ている可能性もゼロではないので、自己判断は危険です。検査の結果、老眼という診断が出てから、メガネやコンタクトレンズでの視力矯正を考えましょう。目の状態に合った老眼や、遠近両用のメガネやコンタクトレンズを使用することも大切なことですが、照明に気を配ることも重要です。部屋の全体照明と同時に手元などの部分照明も上手に活用して目が疲れないような工夫をしましょう。