眼鏡やコンタクトで調節

中年女性

眼科で検査を受けましょう

老眼は水晶体のピント調節機能が低下すると、雑誌や新聞などの近くの文字が見えにくくなったり、少し話すと見やすくなったりするなどの症状が見られます。近くのものが見えにくくなるため、裸眼で無理に見ようとすると眼精疲労の原因になったり、肩こりや首の痛み、吐き気や頭痛などの体の不調も見られたりするようになります。比較的若い年代の場合でも、パソコンやスマートフォンを長時間操作していると、夕方以降に老眼の症状が見られることもあります。気になる症状が見られたら、早めに眼科を受診して検査を受けることが大事です。老眼を放置すると体の不調の原因になるため、老眼鏡や遠近両用のコンタクトレンズなどを使用することも大事です。眼科を受診すると自分の度数に合った処方箋を作ってくれるので、近くのものを見る時や、新聞などの細かい文字を読む時は必ず装着することが大事です。現代は老眼が低年齢化しているため、お洒落なデザインの老眼鏡が増えています。老眼の症状が見られたら、食生活や生活習慣を見直す努力も必要です。パソコンやスマートフォン、テレビなどの視聴は控えるようにしたり、目を動かしたり、遠くを見るなどの工夫をすることも大事です。老眼の症状を放置しておくと、少しずつ進行をしてくるため、早めに眼科を受診してアドバイスを受けることが大事です。目のピント調節機能の低下が原因なので、アントシアニンやルテインなどが含まれているサプリメントを試してみるのもお勧めです。